PSP・PS VITA・iPhone・iPadなど様々なデバイスの活用法を紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/--] スポンサー広告// トラックバック(-)// コメント(-)

[PSP CFW] CFWで直接UMD吸出し(UMDからISOへ) 

IMG_0852.png


CFWでのUMDリッピング方法を解説します。
PSPとPCを繋げるだけなので、敷居が低く簡単にリッピングできます。
また、UMDからISOにする事で読み込みが速くなったり、複数のゲームを入れられたりと様々な利点があります。


2GB  \1,591
4GB  \2,476
8GB  \4,031
16GB  \6,934
32GB \12,952
ノーマルタイプ
4GB   \2,071
8GB   \2,680
16GB \5,249
32GB \9,680
ハイスピードタイプ
4GB  \1,780
8GB  \3,280
16GB  \5,680
32GB \10,980


必要なもの

CFWを導入済みのPSP

●UMDディスク

CFWでUMDリッピング

PSPの電源をいれXMB(クロスメディアバー)からSELECTボタンを押して「VSH MENU」を表示させます。「USB DEVICE」の項目で十字キーの左右を押し「Memory Stick」から「UMD Disc」へ変えます。

再度SELECTボタンを押して「VSH MENU」を消しPCと繋ぎ「USB接続」をします。



PC側でUMDがISO形式で認識されます。



ドラッグ&ドロップもしくは、右クリックから「コピー」でPCに「貼り付け」して「UMD9660.ISO」を転送してください。



転送が終了したら分かりやすいように名前を変更し、完了です。
(日本語でも大丈夫です新しいCFWだと日本語に対応してない場合があるので英語の名前にしておいたほうが良いです。)




※吸い出したISOを起動させる方法は↓を参考にどうぞ。
ISO起動方法

※コメントが増えすぎた為、Webページを過去ログとして保存しコメントを削除しました。
過去ログ 2012/07/20
関連記事
[2012/07/24] PSP CFW// TB(0) // CM(0)

2GB  \1,591
4GB  \2,476
8GB  \4,031
16GB  \6,934
32GB \12,952
ノーマルタイプ
4GB   \2,071
8GB   \2,680
16GB \5,249
32GB \9,680
ハイスピードタイプ
4GB  \1,780
8GB  \3,280
16GB  \5,680
32GB \10,980

コメントの投稿



人気ページランキング
この記事のトラックバックURL


メニュー


現在、過去の人気記事を今の状況に合わせてリメイクしています。

ベストセラー
ベストセラー
相互リンクランキング
全ランキング
当サイトへのリンクを貼るだけで、3アクセス頂いた時点でアクセスランキングにて相互リンクされます。
情報提供メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

その他
アクセスランキング ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。